睡眠中の気道

睡眠中は気道が狭くなるって


まずは、眠っているときの姿勢に関係があるのです。


私たちは日常で、立ったり座ったりして生活していることが多いですが、眠るときは仰向けの姿勢になります。

そうすると重力の影響で軟口蓋や舌根が沈み込み、空気の通り道である上気道を狭くしてしまいます。

それで、呼吸の際の空気抵抗を高めてしまうのです。


さらに、人は眠りに入ることで全身の筋の緊張がゆるんでくるのです。

咽頭や舌の筋肉もゆるんでしまい振動しやすくなるのです。

そんなことから、いっそういびきをかきやすくなってしまっているのですね。


もう1つの原因として、起きているときと眠っているときの違いは、呼吸を調節している自律神経の活動にも変化してきます。

たとえば、夜、眠る間際に、鼻が詰まりやすくなるという人は多いですよね。

これには自律神経が影響を及ぼしているからなのです。


自律神経には、交感神経と副交感神経があります。

交感神経は、昼間、私たちが活発に活動しているときに、必要な酸素量をしっかり体内に取り込めるよう、鼻の粘膜の水分を減らし、空気の通り道を広げる働きをします。

そして、夜になると、体を休ませるために交感神経は活動を弱めはじめます。

これで、副交感神経が優位に活動をはじめます。

眠っているときは起きているときに比べて必要となる酸素の量も少なくて済むので、入ってくる空気の量を少なくするために、副交感神経が鼻の粘膜の血管を広げて粘膜を腫れさせているのです。


鼻の通りが悪くなると、当然、空気抵抗も高くなるので、いびきをかきやすくなるのです。

お酒を飲んだ時や疲れているときに鼻がつまりやすくなるのも、この副交感神経のはたらきによるもので、体をやすませようとするためなのです。


このように、私たちでは起きているときと眠っているときでは呼吸生理も変化してきます。

眠っているときの呼吸では、起きているときに比べて不安定になりやすいといえます。


トップページ しずかなおやすみ【いびきケアサプリ】その効果・口コミ、最安の通販購入法

FX業者