いびきをかきやすいとき

いびきをかきやすいとき


しずかなおやすみでのいびき対策。

日常生活の見直しも可能なら行いたいものですね。


生活スタイルの面から、いびきの要因となるものをあげてみましょう。

私たちがいびきをかきやすくなるのは次のような場合です。



・体が疲れているときや、ストレスがたまっているとき

睡眠中は体の筋肉がゆるみます。

軟口蓋や口蓋垂(のどちんこ)が垂れたり、舌根がのどの奥に沈み込むなどして上気道を塞ぐために、気道抵抗が大きくなります。


加えて体が疲れていると、疲れをとるために無意識にうちに口で呼吸し、より多くの酸素を体内に取り入れようとします。

その相乗効果で軟口蓋などが激しく振動して大いびきをかきやすくなります。


またストレスによって上気道の異常な感じが起こることがあります。

そうなると分泌物がたくさん出たり、粘膜の感想、充血などが起こって、いびきをかきやすくなります。



・お酒や睡眠薬などを飲んだとき

アルコールや薬の影響で筋の緊張低下が促進され、上気道の狭窄が起こるうえ、必要な酸素量を確保しようと口で大きく呼吸するため、いびきをかきやすくなります。

飲みすぎだけでなく食べすぎもよくありません、

消化器官の疲労が全身過労につながるからです。

また気道の充血や弛緩が起こって、呼吸のための気道の活動がうまくコントロールできなくなり、いびきをかく原因となります。



・老化による場合

歳をとるにしたがって呼吸筋を含めた筋の弛緩が進み、いびきをかきやすくなります。

若いころにはいびきをかかなかったのに、歳をとってからかくようになった・・・・・・という声をよく聞きますが、老化もまたいびきの原因となりうるのです。


・体に異常がある場合


空気の通り道(上気道)を狭くするような構造的な異常が鼻やのどにあると、いびきをかきやすくなります。

たとえばのどにアデノイドがあったり、蓄のう症(慢性副鼻腔炎)や肥厚性鼻炎などで鼻がつまっている場合などです。


いびきの原因となる上気道の疾患には、ほかにアレルギー性鼻炎や鼻中隔彎曲症、鼻茸、腫瘍、扁桃炎、口蓋扁桃肥大、咽頭炎、喉頭炎、口腔の炎症などがあげられます。


高血圧や心臓病、糖尿病などの持病があったり、浮腫や内分泌異常などがある場合もいびきをかきやすくなります。


そのほか、上気道の外傷や奇形、咬合不正、歯列不正、斜頸なども、いびきの原因になります。


・肥満と老化は危ない徴候を含んでいる

いびきの要因のうち、危ない兆候を含んでいるにが「肥満に起因するいびき」です。

というのも、いびきをかく人で太っている人は「睡眠時無呼吸」を起こしてしる確率がたいへん高く、肥満は睡眠時無呼吸症候群のきわめて重要な要因と考えられるからです。


また、「老化に起因するいびき」も、一時的にいびきをかくケースとは違って習慣性のいびきになりやすく、やがては「睡眠時呼吸障害」や「睡眠時無呼吸」を引き起こす可能性が高いといえます。


実際、「睡眠時無呼吸症候群」にかかる率は歳をとるとともに増えることが確認されています。

アメリカでの数々の調査で、65歳以上の高齢者のおよそ20%前後が「睡眠時無呼吸」を起こしていることが報告されており、日本における調査でも、高齢者ではきわめて高頻度に睡眠時呼吸障害がみられるという結果が出ています。


これは60歳を過ぎると呼吸調節系の安定が低下することが多いためです。


最後に、「体になんらかの異常がある場合」ですが、こうした疾患があることが原因でいびきをかく場合は、当然ながらまずその治療を最優先に行ってください。

手術が必要な場合は、手術などで障害が取り除かれると、いびきも大幅に軽減されたり、治ることが多いのです。



小学館
いびきのことがよくわかる本
東京女子医科大学耳鼻咽喉科教授
高山幹子著
P26〜31 より引用




トップページ しずかなおやすみ【いびきケアサプリ】その効果・口コミ、最安の通販購入法

FX業者