いびき対策はまず寝具や生活の工夫と注意から


「睡眠時無呼吸」の危険もあるいびき対策はまず寝具や生活の工夫と注意から・・・

程度の差こそありますが、いびきは睡眠時無呼吸症候群の、代表的な症状といえます。

中には無呼吸にならないいびきもありますが、基本的にいびきは、呼吸の遠り道である上気道が睡眠中に狭くなることで、

なんらかの抵抗が生じて、その抵抗で粘膜の振動音を発生させていということです。

つまり、基本的に、いびきと睡眠時無呼吸では、程度の差はありますが、生理学的には連続した現象ですので、たかがいびきと思わずに注意した方がいいようですね。

そもそも睡眠中には、気道壁の緊張がゆるみ、あおむけになると下のつけ根(舌根部)や、

鼻腔の奥の軟口蓋が下がることから、気道が狭くなりやすいのです。

それでも、健康な人なら、あおむけに眠っても気道はそれなりに確保され、スムーズに呼吸はできます。

ところが、そこに、何らかの上気道を狭くする要因が加わることで、起きている間は呼吸に支障はなくても、

眠ってしまうと、呼吸が妨げられるほど気道が狭くなってしまうのです。

睡眠時無呼吸の要因になりやすいのは、扁桃腺やアデノイドの肥大、口蓋垂(のどちんんこ)が大きい、

鼻中隔湾曲など、上気道自体の問題のほか、肥満、首が短い、下顎が小さい、などといった体形やお酒も関係してくるといえます。

肥満してしまうと気道の周囲の組織にも余分な脂肪がつきますし、

お酒は筋肉の緊張を緩める作用があることに加えて気道周囲の組織を充血させてしまうので、

いずれにしても、結果的には上気道を狭くしてしまうというわけです。

ですので、肥満を解消し、飲酒を控えることでもいびきは軽減されます。

それと同時に無呼吸も改善されることが多いようです。

いびきは横向きで寝ることで抑えられるので、あおむけになることを防止するためにも、

枕や縦中央を高くしたシーツなど、いびき予防のための寝具もいろいろ使ってみることをお勧めします。

一例として・・・パジャマの背中にやわらかいテニスボールを入れたポケットを縫い付けるだけでも、

背中がゴロゴロするので、あおむけ寝をしにくくなります。

いびきの防止には効果的みたいですね。


トップページ しずかなおやすみ【いびきケアサプリ】その効果・口コミ、最安の通販購入法

FX業者