快眠を導くストレス解消ストレッチ


快眠を導くストレス解消ストレッチ・・・寝る前に布団でできるリラックス運動


筋肉の緊張をほぐし・血行をよくしてから寝る


布団に入ってもなかなか寝付けないことがありますよね。

そんな時は日中の疲労がたまって、全身の血行が悪くなっている可能性があります。

血行が悪いと手足からの熱放出がうまくできず、深部体温を下げることができないので、血行をよくするための工夫が必要です。


そのために最適なのがストレッチ。

ストレッチとは「伸ばす・広げる・伸張する」という意味でスポーツの分野だけでなく、リハビリなどの医療の分野でも広く活用されています。


ストレッチは、快眠作用だけではなく、血行を促進して冷え性を改善するなど、さまざまな効果があります。


・・・たとえば、


○緊張をほぐし寝つきをよくする

○血行をよくし熱放出を促進して寝やすくする

○筋肉と関節の柔軟性を高めて、ケガを予防する

○神経機能がアップする

○身体パフォーマンス向上させる


身体のこわばった筋肉を、ストレッチによってゆっくり伸ばすと血管が収縮します。

すると、筋肉内に蓄えらていた血液が一気に流れ出して血行がよくなります。

血行がよくなれば、体内の細胞に必要な栄養素が届けられ、細胞のひとつひとつが元気になります。

すると、眠りの質も向上するのです。


ただし、筋肉を無理に伸ばそうとすると、筋肉や腱を痛めるおそれがあるので、自分が気持ちいいと感じる範囲内で試します。

呼吸を止めると筋肉は緊張してしまうので、ゆっくりと息を吸って吐きながら行ってください。


寝つきが悪い方は、寝る前のストレッチを毎日の習慣にすると、柔軟性がアップするだけでなく、質の高い眠りが得られるようになります。



ポイント!

○ストレッチは快眠のほかにもさまざまな効果がある


○体をリラックスさせることで快眠に導く


しずかなおやすみで静かにぐっすり。


PHP研究所
ぐっすり眠って、すっきり起きる!
快眠ハンドブック
梶村 尚史著
P76 より引用

トップページ しずかなおやすみ【いびきケアサプリ】その効果・口コミ、最安の通販購入法

FX業者