安眠型(グッド・スリーパー)と不眠型(プア・スリーパー)

安眠型(グッド・スリーパー)と不眠型(プア・スリーパー)


布団に入ってから寝付くまでの時間が10分以内で、寝つきが悪いと困ったことがなく、一度眠ったら朝まで目覚めない人を「安眠型」あるいは「グッド・スリーパー」と呼びます。

日本での調査によると、高校生の8〜15%、大学生の25〜52%、社会人の25〜30%が該当します。


逆に、寝付くまでにいつも30分以上かかり、寝つきが悪いことを自覚している人で、毎晩
1回以上目覚めるタイプを、「不眠型」あるいは「プア・スリーパー」と呼びます。

わが国では、高校生の4〜8%、大学生の2〜13%、社会人の7〜10%にみられます。

不眠型の人が、不眠症になりやすいかどうかは不明ですが、学生の試験期間や社会人の繁忙期に、不眠型が増えることは確かです。


睡眠中の脳や筋肉の状態を検査する「睡眠ポリグラフ検査」を行うと、安眠型と不眠型で、睡眠の深さやパターンに大きな違いは見られませんでした。

例えば、不眠型の人は、自分では寝つくまでに平均60分かかっていると思いますが、実際には、わずか15分前後で眠り始めます。


夜中の覚醒についても、不眠型だからといって、特に回数が多いとか、時間が長いということはありませんでした。


不眠型と安眠型では、何が違っているのでしょうか?

不眠型では、心身を興奮させる働きがある交感神経の活動が、眠ってもなかなか鎮まりません。

交感神経の高まりは、ストレスによって緊張を強いられ、フラストレーションが溜まっているためです。

さらに不眠型の人は、自分の睡眠に不満を強く持ち、ストレスと不眠の間で悪循環が出来上がってしまっているのです。

これでは、グッスリ熟睡しにくいのも仕方がありません。



にんにく玉ゴールドで快眠を!



青春新書
病気にならない睡眠コーチング
坪田 聡 著
P36〜38 より引用


トップページ しずかなおやすみ【いびきケアサプリ】その効果・口コミ、最安の通販購入法

FX業者