眠気を誘う意外な「食べ物」とは?


いびきが治まり、しっかり眠るようになると、

毎日が快適に過ごせるようになります!




「アメリカンチェリー」に「ケール」睡眠を導く食べ物がある!

眠りを促すホルモン「メラトニン」と食べ物から摂取することが可能です。最近の研究では、アメリカンチェリーのジュースを飲むと眠くなることがわかりました。アメリカンチェリーにはこのメラトニンが豊富に含まれているのです。


ほかにもメラトニンを含む食べ物が、青汁の原材料として有名な「ケール」。食物繊維やビタミンCも豊富で、便秘解消や美肌効果もあります。メラトニンは夕方から夜にかけて分泌量が多くなりますから、夕方以降にとるのがいいでしょう。


もっと身近な食材が乳製品、魚類や肉類です。これらの食材に睡眠ホルモン「メラトニン」は直接含まれていませんが、その原料となる「トリプトファン」というアミノ酸が多く含まれています。トリプトファンは体内でつくることができないので、食べ物や飲み物でとる必要があります。


また、トリプトファンはメラトニンの原料であると同時に、朝に分泌される目覚めの物質「セロトニン」の原料でもあります。昼はセロトニンとして働き、夜になると分解されて、メラトニンへと変化するのです。これらの食材を積極的に朝食に取り入れれば、日中は元気に、夜はぐっすり眠るための準備ができます。


そこでおすすめの朝食が「バナナ1本と牛乳200ミリリットル」。牛乳に含まれるトリプトファンは体内に入ると、「セロトニン」をつくります。また、バナナにはビタミンB6とマグネシウムが含まれています。これは、幸せホルモン「コンチゾール」を生成するのに必要な物質でストレスに負けない体をつくります。つまり、牛乳とバナナはパーフェクトな組み合わせなのです。そのまま一緒に食べても、ミキサーでジュースにしても効果があるので試してみてください。


ポイント!

○快眠食材はアメリカンチェリーとケール

○メラトニンの原料であるトリプトファンを積極的にとる

宝島社
あなたを変える 睡眠力
医学博士/雨晴クリニック副院長
堀田 聡 監修
P12より引用





トップページ しずかなおやすみ【いびきケアサプリ】その効果・口コミ、最安の通販購入法

FX業者