こりは睡眠の最大の敵

緊張をほぐす筋弛緩トレーニング・・・こりは睡眠の最大の敵


“筋弛緩トレーニングで体のストレスをほぐす”



眠れない原因のひとつに「緊張」があります。

ストレスがあると全身の血行が悪くなり、安眠を邪魔します。

肩こりや腰痛などの筋肉のこりがあると、それだけで眠れなくなったりします。


ここでは、安眠に導くための体の緊張をほぐす「筋弛緩トレーニング」を紹介しましょう。

このトレーニング法の発祥はアメリカで、精神科や心療内科でも取り入れられています。

一気に力を入れて緊張をほどいていく感覚を体感する方法です。


まずはパジャマに着替え、「あとは寝るだけ」のリラックスした姿勢になったら、布団にあお向けになります。

次に全身の力を抜いて、両腕は自然に両脇に置き、手のひらを上にして目を閉じます。

両手を5秒間ギュッと握り、一気に力を抜いて30秒リラックス。

これを2〜3回繰り返します。

とくに肩と足などこっているところがあれば、その部分に力を入れたり緩めたりします。


“目の緊張をとれば快眠まちがいなし!”


ほかにも「めのまわりの緊張をほぐすリラックス法」で緊張をほぐすとスムーズに入眠することができます。


はじめに額にしわをよせるように眉毛を上げます。

それから眉をひそめるように中央に眉毛を寄せます。

その後、目をかたくギュッとつぶります。

そして、目線を左→右→上→下の順番で動かしたら、前を見ます。


これも安眠を誘う効果的な筋弛緩トレーニングの一種です。

日中は自分が思っている以上に、目を酷使しています。

寝る前に蒸しタオルを目を当てるのも、安眠に効果があるのでぜひ試してください。


ポイント!

○ため込んだ体のストレスは筋弛緩トレーニングでほぐす

○目のまわりの緊張を緩めると快眠につながる



PHP研究所
ぐっすり眠って、すっきり起きる!
快眠ハンドブック
梶村 尚史著
P78 より引用


トップページ しずかなおやすみ【いびきケアサプリ】その効果・口コミ、最安の通販購入法

FX業者