睡眠に、本当に満足していますか?

睡眠に、本当に満足していますか?


睡眠時間を削り続けている日本人ですが、現在の眠りに満足できているでしょうか?


2005年に日本睡眠学会が行った「睡眠実態調査」では、「あなたはよく眠れていると思いますか?」の問いに、79.1%が「はい」と答えていますが、「いいえ」も20.9%ありました。

つまり、約20%に人は、睡眠に何らかの問題を抱えているのです。

もちろん、この人たち全員が睡眠障害というわけではありませんが、睡眠の悩みを持つ人がかなり多いというこよがわかりました。


同時に、睡眠の質についても聞いています。

「満足している」が43.4%、「少し不満」が45.7%、「かない不満」が9.8%、「非常に不満」が1.1%でした。

この結果からは、日本人の半分以上が、睡眠に何らかの不満を持っていることがわかります。

また、先のデータも合わせると、よく眠れている人の中にも睡眠の質に不満を持つ人がかなりいることになります。


睡眠の満足度を年齢別に見た調査もあります。

男女とも年齢が増すにつれて、睡眠に対する満足度が低下してきます。

男性では、緩やかに同じ傾きで低下します。

女性では、40歳代までは男性とほぼ同じパターンとなりますが、50歳を境に急激に不満が増加します。

この男女による違いは、更年期前後の女性ホルモンの急激な減少によるものではないか、と考えられています。


いずれにしても快適な睡眠生活を送るには、

自力だけでなく、ビタミンの力が必要になります。

にんにく玉ゴールドで補給するのは近道といえます。




青春新書
病気にならない睡眠コーチング
坪田 聡 著
P15〜16 より引用


トップページ しずかなおやすみ【いびきケアサプリ】その効果・口コミ、最安の通販購入法

FX業者